top_image_1.jpg
 

2022 JULY - OCTOBER @NISEKO HANAZONO RESORT

「Mountain Lights(マウンテンライツ)」は、2022年夏、北海道ニセコにある、オールシーズンリゾート「ニセコHANAZONOリゾート」の広大な自然を舞台として開催される没入型の大規模な光のアートインスタレーションです。

このスペクタクルな光の屋外展示作品は、イギリス人インスタレーション芸術家であるブルース・マンローによる日本初開催のインスタレーションとなります。

光ファイバーを使用して作成されたマンローによるアートワーク「Fireflies」が幾重にも連なり、その数合計18万個ものほのかな光の粒を作り出します。灯ったあかりは1.3kmの輝く帯となり、ニセコアンヌプリ山の裾野を有機的に象り、周囲の環境に溶け込み、調和しながら訪れる人々を照らすでしょう。

"Mountain Lights" is an immersive large-scale art installation of light held in the summer of 2022, set in the vast nature of the all-season "Niseko HANAZONO Resort" in Niseko, Hokkaido. This spectacular outdoor exhibition of light will be the first installation in Japan by British artist Bruce Munro.

Munro's "Fireflies", created using fibre optic, create a total of 180,000 subtle points of light, coming together as a shining belt 1,300 meters long, organically illuminating the foot of Niseko Annupuri Mountain blending perfectly with the natural environment and delighting its visitors.

 

インスピレーション

光は火の現代的な形です。


北海道の先住民族であるアイヌの人々は、火は人を暖め、滋養を与えてくれる、生命にとって最も重要な要素のひとつであると考えました。火の女神カムイ・フチは、アイヌの暮らしに寄り添い、人間の世界と神々の世界を繋ぐ仲介者であり、最も身近で大切な存在とされてきたのです。


一方、遠く離れたオーストラリアでも、アボリジニの文化の中に類似する伝承が存在します。現在のシドニーとなるエリアに住んでいたトライブは、他者への思いやりと愛しみの心を「プトゥワ」 と呼んでいました。 自らの手を火に当てて温め、その温もりを他者に伝える行動そのものを指す言葉でもあります。


ニセコの火山が作り出した風景は、雪と氷と火が、私たちの住む地球を創り出すためのダンスパートナーであることを想起させ、地球の溶けた核が星から来たものであり、私たちもそうであることを思い出させてくれます。


すべてはひとつ。この世界のかけ離れた土地で、火という自然の要素に対してとても近い解釈が持たれていたということが、それを明かしてくれます。

未 来 へ の 光

火の温かみや思いやりを現すふたつの物語が織り込まれたのが、この光のアート。

 

24本の光ファイバーケーブルから成る、「ファイアフライ-蛍- 」と呼ばれるひとつひとつのオブジェが、ほのかに揺れる18 万個もの光の粒をつくりだします。

 

美しく灯る光ひとつひとつに思いを馳せる事で、人間が持つ優しさや共感の心を研ぎ澄ませてくれる事でしょう。原点である自然に還り、そしてその自然がくれる愛情や温もりを感じ、感謝する。

 

わたしたち全員が秘めているその力が、再び歩き始めるきっかけとなりますように。

The Inspiration

Light is the modern formation of Fire.

In Hokkaido, the indigenous Ainu population regard fire as a powerful entity, and one of life’s most essential elements. This is because it helps provide warmth and nourishment to human beings. In this belief, the hearth goddess, Kamuy-huci, is closely watching over our lives with love and compassion. The hearth fire is believed to be a portal and Kamuy-huci acts as the gatekeeper, communicating between the spirit world and our own.

 

Similarly, the Cadrigal People, the indigenous inhabitants of what is now the city of Sydney, use the word to “Putuwa” to express their love and compassion to others. Putuwa by definition is to warm one’s hands over a fire and then transfer the heat by taking the hand of another person.

 

The volcanic landscape of Niseko is a potent reminder that snow, ice, and fire are dancing partners in the creation of the earth that we inhabit. Mountain Lights is also a reminder that the molten core of the earth comes from the stars, as do we.

 

All is one. In completely different parts of the world we find such similar acknowledgements about an element of nature. 

Lights for the Future

The beautiful expression of compassion and love from stories about fire is incorporated into the artwork. Individually, the fireflies are created from twenty-four strands of fiber optic cable, resulting in a staggering total of one hundred and eighty thousand points of flickering light.

 

Visitors are thus encouraged to think of each firefly stem as an abstract plume of fire that kindles the spirit, and awakens asense of empathy and well-being.

We all have, inside us, the ability to return to nature, our origins, and to feel and appreciate the loving kindness and the warmth we receive from it, and how it inspires us to start walking again.

BRUCE MUNRO

ブルース・マンロー

Bruce Headshots.jpg

私が光という媒体に出会ったのは、美術学校で学び、ファインアートの学⼠号を取得して卒業した後です。オーストラリアでは、ディスプレイサインを製造する会社で働き、その光り輝く紫外光の特性がとても気に⼊りました。私が光を使った作品を選んだのは、純粋で真実味のある媒体を使って仕事をすることで、頭の中やスケッチブックの中にある多くのアイデアを表現することができたからです。

 

40代前半になると、 製造業の部品を再利⽤した作品や光を使った作品を作るようになり、それがとても個⼈的なものになりました。そのとき、私はいつも他⼈と違うことを⽬指し、他⼈と違う作品を作ってきたのだと気づきましたが、そのときから私は、共有できる体験を探し始めたのです。私は過去40年間、スケッチブックの日記を書き続け、世界との⼀体感を感じた瞬間や記憶を記録してきましたが、それが光で表現できることに気づいたのです。

 

世界と最も⼤きな意味でつながっていること、本質的なパターンの一部であることの経験が、私の真の主題となったのです。

I first discovered light as a medium after leaving art school, where I had studied and graduated with a bachelor’s degree in fine art. When in Australia, I worked for a company manufacturing display signs using a glowing ultra violet light whose properties I just loved. I choose to work with light because working with a medium that was so very pure and true enabled me to express so many of my ideas that filled my head and my sketchbooks.

 

In my early 40s, I began to create pieces using repurposed manufacturing components and light that became very personal. I realized that I had always been striving to be so different, to make my art different, but starting then I began looking for a shared experience. I’ve kept sketchbook journals for the last 40 years and had recorded moments and memories of feeling at one with the world - and I realized that could be expressed by light.

 

Our experiences of being connected to the world in its largest sense, of being part of an essential pattern, became my true subject matter.